エスティローダーの美容液ってどうなの?

エスティローダーの美容液ってどうなの?

エスティローダーといえばベストセラーのダブルウェアファンデーションを思い浮かべる方も多いと思いますが、今回ご紹介するエスティローダーのNo.1美溶液、アドバンスナイトリペアSRコンプレックスⅡも同じくベストセラー商品。

使えばわかる、ハリが出る、毛穴がなくなった、シワケアに効果あり、などエイジングケアスキンケアには欠かすことのできない美容液として幅広い年齢層の女性達から支持されています。

アドバンスナイトリペア SRコンプレックスⅡとは?

エスティローダーの中でもロングセラー美容液であり、30年以上愛され続けているアドバンスナイトリペア。うるおいを与え肌をすこやかに保つエスティローダー独自の「クロノラックスバイオ・クロックテクノロジー」が、昼は乾燥などの外的要因から肌を守り、夜はダメージをケア。肌本来のリズムに合わせたアプローチで、うるおいに満ちた若々しい輝きを放つ肌へ導きます。

そもそも私達の体の細胞は、体内時計によってコントロールされています。夜には日中に受けたダメージを修復してすこやかな状態へ回復しようとする力があるのです。しかし実際は、加齢や紫外線の影響でその時計の刻むリズムが乱れてしまい、修復活動が不完全な状態に。これではダメージを受け続け肌が修復することがなくなってしまいます。エスティローダーはこの肌が本来もつ睡眠中の修復サイクルに着目し、クロノラックスバイオ・クロックテクノロジーを開発しました。

成分からわかる効果について

この美容液の核となる成分は、おそらくビフィズス菌発酵エキスでしょう。ビフィズス菌発酵エキスを化粧品に配合した場合、保湿作用や紫外線、加齢によって損傷を受けた細胞の自然修復機能を高め、衰えた細胞を甦らせる損傷DNA修復作用が明らかにされています。

また保水能力に優れた成分でできているため、磁石のように水分を引き寄せ、蓄えることで乾燥による小じわを目立たなくし、肌がなめらかにうるおいすこやかな肌へ。先進のバイオテック企業との共同研究により、昼は守り、夜は整えるという肌の真実を研究した結果たどり着いた美容液の集大成です。

美容液としては思ったほど成分数がありませんが、ダメージをケアする美容成分が凝縮された新しい発想の製品となっています。毎日たった10秒のシンプルケアで続けられる。エスティローダーのブランド哲学に基づいた商品です。

香料は入っていないのですが原料臭として、においに関しては賛否両論あるようです。特に気にならないという人、独特な香りがするという人、発酵臭がするという人、使っていくうちに気にならなくなったという人など。こればかりは個人差がありますので、気になる方は購入前にカウンターやサンプルで試してみたほうがいいでしょう。

全成分
水、ビフィズス菌発酵エキス、メチルグルセス-20、PEG-75、ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン、BG、プロパンジオール、グリセレス-26、ヒメコラ種子エキス、スクワラン、TEA、オレス-3リン酸、カプリリルグリコール、オレス-3、カルボマー、オレス-5、カフェイン、酵母エキス、パンテチン、ビサボロール、EDTA-3Na、BHT、キサンタンガム、コレス-24、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、セテス-24、ローマカミツレ花油、水添レシチン、ヒアルロン酸Na、ムラサキバレンギクエキス、エチルヘキシルグリセリン、酢酸トコフェロール、RNA-Na、黄4、加水分解アルギン、レシチン、赤504、乳酸桿菌発酵液、ヘキシレングリコール、フェノキシエタノール、ソルビン酸K

価格とコスパ

エスティローダー自体ハイブランドなので価格自体は想定内といったところですが、美容液として考えると1万円は超えてしまうので、毎日使うものだからこそ価格が気になるでしょう。

朝晩使っても伸びがいいのでコスパは悪くないという方もおられます。何より少量でも確かな肌への効果を実感でき、価格以上の価値を見出している方がほとんどなので、使った方は決して価格に不満を言うことはありません。ひとつ言えば、高いからとケチって少量しか使わないとその効果も半減しデメリットとなってしまいます。自分の肌が必要としている量を毎日継続して使い続けることこそエイジングの基本であり、最大限の商品の力を発揮する方法だと思います。スポイトで無駄なく必要量をとり、肌へしっかり届けてみてください。価格以上の価値が見出せることでしょう。

価格(30ml)10,450円(税込)
価格(50ml)14,850円(税込)
使用期間30mlで約2ヶ月